*

ミドリイシ健在!夏の海にさよなら

公開日: : サンゴ, ミドリイシ, 飼育器具

今年の夏を振り返って

高知の海でサンゴや海水魚と戯れたのはもう昔のこと。
今はもう11月。

結局今年は和歌山の白浜串本大島高知の室戸、の3回しか海に行けずに夏が終わりました。

回数は少なかったものの、はじめて訪れた高知の灌頂ヶ浜は大迫力のポイントでした。
ヒブダイ
来年の夏まであの景色が見れないのは残念です・・・。せめて冬にダイビングでも行きたいところですが寒さに負けそうな気が。

それにしても毎年感じることですが、年々海の透明度が落ちてきている気がするのは私だけでしょうか。
藻類もなんか少し増えてきている気がしてなりません・・・。
和歌山や四国でも自然のサンゴがこのまま綺麗でいてくれますように!

カルシウムリアクター315のメンテ

そんなわけで秋になると海に行けない反動がそのまま水槽へと向かいます。
夏に放置したツケが色々と回ってくる季節でもあります。

ミドリイシたちは機嫌を損ね、水は汚れ放題、周辺機材もあちこちでボロがではじめる・・・。
が、今年の水槽は放置しているにもかかわらず割と普通に稼働を続けております。

唯一気になったのが、カルシウムリアクター315のCO2の点滴部分。
よく見ると水が蒸発してほとんどない状態に!

リアクター315のCO2部分

機能にはなんら影響はない部分ですが、気になるので水を足しておくことに。
この水足しには専用のスポイドが必要です。

315リアクター付属のスポイド

このスポイドを探すのに30分かかってしまい泣きそうになりました。
みなさんもこんな時のために付属品は決して捨てないで整理しておきましょうね。
満タンになりました!

315リアクターはメンテ性抜群
315リアクターのメンテ性の良さにあらためて感動しています。
うーん、機材はいいものを買っておこう!

水換えとプチレイアウト変更

本当ならリアクターのメディア交換もやってしまいたいところですが
本格的なメンテをする気力が湧いてこないので今日はここまで。

そのかわり海水を40リッター交換します。
で、しぶとく生えてこようとしている海藻たちをばさばさと剪定し、プチレイアウト変更も。

プチレイアウト変更

iPhoneの手抜き撮影。うーん、まったくわからん。
次回はちゃんと撮影してアップします!

ad

関連記事

水槽、和歌山の海水で大量換水!

新年早々に行きました。和歌山。新しい気分で水槽にも新鮮な海水を吹き込もうということです。160リット

記事を読む

ミドリイシ水槽(2014年12月31日現在)

今年も一年、あっという間に過ぎました。アクアな視点から振り返る一年。そして現在の水槽の状態をご紹介し

記事を読む

ミドリイシのコンディション

いや、もうコンディションなんてもんじゃないです。 放ったらかし×数ヶ月=どぶの水の中のミドリイシ、

記事を読む

ハードチューブの追加と白化?

本日、ハードチューブのレッドを水槽に追加しました。この時に自動水足し装置を間違って付けっぱなしにして

記事を読む

庭に亀の池を作ろう(その1)

突然ですが、うちではミドリガメを飼っています。わずか5cmの小さな亀を30cmの規格水槽で飼っていた

記事を読む

和歌山串本大島シュノーケリングin2015

和歌山って波が荒い日が多くありません?ダイビングを予約してても波が高いためにキャンセルになったり・・

記事を読む

白化きたか!?

丈夫でキレイだったピンクのミドリイシについに”お迎え”が来たかもしれません。 まずは普通に水槽写真

記事を読む

和歌山サンワ前シュノーケリングin2016

和歌山のシュノーケリングポイントで欠かせないのがサンワ前です。串本ダイビングパークから15分ほどのと

記事を読む

念願の外付けクーラー取り付け

とっても久しぶりの更新です。 アクアリウムをやめたわけじゃないんです。ちょっと本業が忙しくて・

記事を読む

高知県室戸市灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)シュノーケリングin2015

7月、8月とすでに2度にわたって和歌山のシュノーケリングツアーに出かけているのですが、今年は天候に恵

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

田辺ダイビングin2017

毎年恒例の和歌山ダイビング。今年の一本目は7月の海の日連休で場所は田辺

笑うねこin滋賀県
猫の写真満載のブログを作ってみました

動かざること山のごとし・・・。 秋からすっかり更新が途絶えたこの

庭に池を作ろう(その3、完成)

庭に池をつくろうシリーズ第三弾、一旦ここで池の制作は完成です。 第一

串本と田辺のダイビングまとめ(写真紹介)in2016

2016年はシュノーケリングの本数を減らしダイビングに明け暮れておりま

和歌山サンワ前シュノーケリングin2016

和歌山のシュノーケリングポイントで欠かせないのがサンワ前です。串本ダイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑