*

高知県室戸市灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)シュノーケリングin2015

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 サンゴ, シューノーケリング, ミドリイシ, 熱帯魚, 高知県

7月、8月とすでに2度にわたって和歌山のシュノーケリングツアーに出かけているのですが、今年は天候に恵まれません。和歌山の海は毎年、波との戦いで「凪」の日はラッキーと言えるくらい荒れ気味な印象があります。では場所を変えて高知ならどうか!というわけで早速行ってきました。高知県は室戸市、灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)というシュノーケリングのポイントへ。

室戸の灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)への行き方

簡単に言うと四国高知県の室戸岬、先端部分の一部が灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)です。国道55号線を室戸岬に向けて走っていると中岡慎太郎像があります。この像の前に駐車場があって、海に向けて小さな歩道があります。この歩道を少し歩くと灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)です。

広域地図
四国室戸灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)

詳細地図
室戸市、灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)

ちなみに、西宮市からだと淡路経由で4〜5時間くらいでしょうか。高速料金は阪神高速の西宮から徳島まで4,320円です。徳島からは国号を南へと走っていきます。皆さんあまり知らないかもしれませんが、お盆の平日は高速道路は平日料金が適用されることが一般的です。早朝割引などを狙って出かけるのが良いと思います(割引があると30%くらい料金が変わります)。

灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)ってどんなところ?

室戸岬一帯はジオパークと呼ばれています。「海の指定公園」ですね。ゴツゴツとした岩の海岸は迫力満点で見るだけでも目を楽しませてくれます。ジオパークといえばほかには鳥取の山陰海岸ジオパークも有名ですね。

室戸灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)は中岡慎太郎像の前ということもあって駐車場にはシュノーケリングや海水浴客だけでなく観光客の姿が多い印象があります。
駐車場に車をとめて海に向かって左側の歩道を少し歩くと「灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)」の木の看板があります。ここが有名な灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)なんですね。

灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)

灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)でのシュノーケリング

まずは写真をご覧ください。

灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)

手前の黄色の輪っかが足がつく程度の浅瀬です。岩に囲まれていて子供でも安心して泳げるようなポイントです。小魚やニザダイなどのちょっとした熱帯魚も楽しめますし、家族づれにはもってこいでしょう。
灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)浅瀬
こちらは浅瀬で撮影したものです。少ないながらもサンゴも観察することができます。

キビナゴ
こちらはキビナゴです。浅瀬ですが、こういう風景にも観れるのが嬉しいですね。

実はこの灌頂ヶ浜(かんじょうがはま)のすごいのは赤丸のあたりなんです。岩で囲まれた浅瀬を抜けて少し沖に泳いでいくと、いきなりドロップオフの深場に出くわします。透明度が高いとなんとか海底が見える程度です。沖の方までいかなくても40cmを超えるブダイや大型のニザダイなどが出迎えてくれます。数匹の群れで泳いでいることもあり、沖縄の海を思わせる景色です。

ヒブダイ

岩で囲まれた浅瀬を抜けると水深10メートルくらいの深場になります。ところどころに岩が点在していて岩の周りに魚が多く集まっています。ハタタテやニザダイなどの定番はもちろん、大きめのヒブダイが数匹の群れで泳ぎ回っている姿などは迫力があって楽しめます。
他にもいろんな魚がいそうなのですが、私はこの日時間の関係もあってほとんど撮影ができませんでした。
次回行った時には心ゆくまで撮影してご紹介したいと思います。

ここのポイントは水深が深く潮の流れが場所によって早いです。子供用の足ひれなどで出かけるとかなり怖い想いをすると思いますので十分に気をつけて行ってきてくださいね!

ちなみに今年はサメの目撃情報が全国各地であり遊泳禁止などの話がありました。サメの危険性に関してはこちらの記事に詳しく書いています。よろしければ一度ご覧ください。

ad

関連記事

水換え途中の水槽

1年近く水換えしていなかった!

やっと暖かくなってきました。 久々の日本海へのドライブ。ついでに半年以上放置している水槽の水でも換

記事を読む

315-firsrt

315カルシウムリアクターのメディア交換

昨年3月に導入した315カルシウムリアクターのメディアが無くなってきました。ファーストステージの減り

記事を読む

2013年の和歌山サンワ前珊瑚

和歌山串本〜白浜で好例のシュノーケリングツアー

今年も好例の和歌山串本シュノーケリングツアーの季節がやってきました。 今回はどど〜んとベストシュノ

記事を読む

赤いハードチューブ

ハードチューブの追加と白化?

本日、ハードチューブのレッドを水槽に追加しました。この時に自動水足し装置を間違って付けっぱなしにして

記事を読む

ピンクのミドリイシは健在

ミドリイシ水槽(2014年12月31日現在)

今年も一年、あっという間に過ぎました。アクアな視点から振り返る一年。そして現在の水槽の状態をご紹介し

記事を読む

パープルコモン

追加したミドリイシ

前回ミドリイシ追加の予告編を投稿しましたのでお約束のご紹介です。 ひとつはコモン ミドリイシ

記事を読む

reefbreader中身

夏に向けて照明をLED化

私の水槽は、すべてLED→メタハラ+LEDへと移行しています。が、最近はLEDでのミドリイシ飼育は一

記事を読む

mizukaesuisou

水槽、和歌山の海水で大量換水!

新年早々に行きました。和歌山。新しい気分で水槽にも新鮮な海水を吹き込もうということです。160リット

記事を読む

その1

ミドリイシ追加

jebaoのRW-8購入をきっかけに一気に再燃したアクア熱はとどまるところを知りません。こうなって

記事を読む

茶系のミドリイシ

ミドリイシのアップ

9月10日に水槽水換えをしてから1ヶ月以上が経過。生体は調子を崩す気配もなく、順調そのものです。2、

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ad

笑うねこin滋賀県
猫の写真満載のブログを作ってみました

動かざること山のごとし・・・。 秋からすっかり更新が途絶えたこの

ike_kansei
庭に池を作ろう(その3、完成)

庭に池をつくろうシリーズ第三弾、一旦ここで池の制作は完成です。 第一

dscn1059
串本と田辺のダイビングまとめ(写真紹介)in2016

2016年はシュノーケリングの本数を減らしダイビングに明け暮れておりま

kurage
和歌山サンワ前シュノーケリングin2016

和歌山のシュノーケリングポイントで欠かせないのがサンワ前です。串本ダイ

クマノミ正面
潮岬のシュノーケリングポイントin2016和歌山

白浜臨海のシュノーケリングに続き、和歌山の最南端、潮岬でシュノーケリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑