*

レイアウト変更後のミドリイシ水槽

公開日: : サンゴ, ミドリイシ, 和歌山

前回大幅なレイアウト変更を行いました。レイアウトを変更した後は必ずと言っていいほどミドリイシが調子を崩します。さすがにアクアリウムを数年もやっていれば対策も万全。レイアウト変更後の水槽には汲みたての和歌山の天然海水をたっぷり注ぎ込みました。さて、その後の状況は・・・。

和歌山の天然海水

私の住まいから和歌山までは3時間ほど。高速道路代金やガソリン代などで費用は1万円弱かかります。
20リットルのタンクを8本持って帰りましたので、合計160リットルです。天然海水を購入するとなると20リットルあたり送料込みで1500円くらいですから12,000円ということになります。
金額はほぼ同等、労力を考えると購入した方が断然いいですね(笑)。
でも、海を満喫して日頃のストレスまで解消できるので、やっぱり海はよいです。

ちなみに天然海水を自分で汲む時にはいくつか注意が必要です。

1、海水と言っても場所によって塩分濃度やキレイさが異なる。

 これとても重要ですし盲点でもあります。
 天然の海水ですからどのポイントで採水しても同じように思ってしまいますが、全然違います。
 例えば港付近や流れが弱すぎる淀んだ場所だと海水が極端に汚れている恐れがあります。
 河口付近だと塩分濃度が低い場合もあります。
 慣れないうちは、塩分濃度の測定ができるものと、水質検査の簡単なキットをもっていって水質検査をすることをお勧めします。

2、天気も関係する。

 雨や雪は大敵です。
 大雨が降った翌日などは陸から大量の淡水が流れ込んできています。
 当然塩分濃度が低くなるでしょうし、不要な汚れも混入されてしまいます。
 よい天気が続いた時に採水しにいくようにしましょう。

ドリーちゃんを投入

話は変わりますが、久しぶりに魚を投入しました。
うちの水槽は立ち上げ当初からいるフレームエンゼルと、途中から参入した暴君キイロハギの2匹だけでした。
フレームエンゼルが赤。
キイロハギが黄色。
信号を完成するには、どうしてもナンヨウハギの青が必要ですよね。

ただ、ナンヨウハギって8cm以上のものになるとなかなかショップにいなかったりします。
いてもお値段もそれなりです。
某ショップで入荷したてのよい個体が見つかったため、持ち帰りました。
しばらくの間は、キイロハギに追いかけ回されてミドリイシに挟まったりと生死の境をさまよっているかに見えましたがようやく餌を食べるようになってきてタンクメイトとして定着してくれそうな嬉しい気配が。

水槽の様子

そんなこんなで、新しい天然海水をたっぷりと補給し新しいタンクメイトを迎えた水槽の様子はこちら。

midori0407-1

反対側からもぱしゃり。

midori0407-2

いずれもiPhone写真ですので青みが強いですが。

ad

関連記事

日帰り和歌山白浜シュノーケリング

8月に和歌山シュノーケリングツアーに行って来たところではありますが、前回はクマノミさんたちを 拝め

記事を読む

水槽、和歌山の海水で大量換水!

新年早々に行きました。和歌山。新しい気分で水槽にも新鮮な海水を吹き込もうということです。160リット

記事を読む

ハードコーラル、ビフォーアフター

前回の海水交換の記事中にて生体のご紹介をするお約束をいたしました。 いつやるのか?今でしょ? ま

記事を読む

ミドリイシのアップ

9月10日に水槽水換えをしてから1ヶ月以上が経過。生体は調子を崩す気配もなく、順調そのものです。2、

記事を読む

ミドリイシエリア

サンゴ、新しい水槽レイアウト変更

前回の水換え時のついでに実施した大規模レイアウト変更。 それでは全貌をお見せしましょう。

記事を読む

田子シュノーケリング、ウツボ

和歌山田子シュノーケリングin2014

和歌山シュノーケリング、今回は串本町田子の海です。 串本のシュノーケリングといえば串本ダイビングパ

記事を読む

315カルシウムリアクターのメディア交換

昨年3月に導入した315カルシウムリアクターのメディアが無くなってきました。ファーストステージの減り

記事を読む

ホンケヤリを入手

水槽をやっていると、だんだんと入れるものが無くなってきます。 駄目になれば、また新しいサンゴとかを

記事を読む

白化きたか!?

丈夫でキレイだったピンクのミドリイシについに”お迎え”が来たかもしれません。 まずは普通に水槽写真

記事を読む

カルシウムリアクターその後

先日導入したカルシウムリアクター。微調整しながら運用していますが、今のところとても順調です。二酸化炭

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

田辺ダイビングin2017

毎年恒例の和歌山ダイビング。今年の一本目は7月の海の日連休で場所は田辺

笑うねこin滋賀県
猫の写真満載のブログを作ってみました

動かざること山のごとし・・・。 秋からすっかり更新が途絶えたこの

庭に池を作ろう(その3、完成)

庭に池をつくろうシリーズ第三弾、一旦ここで池の制作は完成です。 第一

串本と田辺のダイビングまとめ(写真紹介)in2016

2016年はシュノーケリングの本数を減らしダイビングに明け暮れておりま

和歌山サンワ前シュノーケリングin2016

和歌山のシュノーケリングポイントで欠かせないのがサンワ前です。串本ダイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑